購入作品をしっかり検討して無暗に積みゲーを増やさないようにしましょう(棒)

PS5のシステム設計や技術を解説するプレゼンテーションが公開。ロード時間の短縮やPS4下位互換など

価格は幾らくらいになるのだろうか

スポンサーリンク

PS5の基本スペックが公開

3月19日に公開されたPS5のハードウェア技術仕様に関するプレゼンテーションにより、PS5の基本スペックなどが明らかとなりました。

 

PS5の基本スペック

PS5の基本スペックがeurogamerで公開されました。

PS4との比較表
PlayStation 5 PlayStation 4
CPU 8x Zen 2 Cores at 3.5GHz (variable frequency) 8x Jaguar Cores at 1.6GHz
GPU 10.28 TFLOPs, 36 CUs at 2.23GHz (variable frequency) 1.84 TFLOPs, 18 CUs at 800MHz
GPU Architecture Custom RDNA 2 Custom GCN
Memory/Interface 16GB GDDR6/256-bit 8GB GDDR5/256-bit
Memory Bandwidth 448GB/s 176GB/s
Internal Storage Custom 825GB SSD 500GB HDD
IO Throughput 5.5GB/s (Raw), Typical 8-9GB/s (Compressed) Approx 50-100MB/s (dependent on data location on HDD)
Expandable Storage NVMe SSD Slot Replaceable internal HDD
External Storage USB HDD Support USB HDD Support
Optical Drive 4K UHD Blu-ray Drive Blu-ray Drive

CPUはZen 2(8コア16スレッド)3.5GHz(可変)、GPUは10.28 TFLOPs, 36 CUs at 2.23GHzに。

くろねこ
単純なカタログスペックとしてはXbox Series Xに軍配が上がりますね。

 

5.5GB/sを実現するカスタムSSD

PS4での1GBデータのロード時間は約20秒に対して、PS5は2GBのデータを約0.27秒でロードすることが出来るように。
シークタイムが瞬時に終わるようになったため、ゲームのロード時間を大幅に短縮できるようになりました。

また、PS4ではメモリ上に次の30秒間に使用されるゲームデータを展開する事にメモリの大半が使用されていましたが、PS5では5.5GB/sの転送速度を実現できたことによりメモリに保持するデータの量が少なくて済むためメモリのアクティブな領域が広がり、ゲームの表現の幅が大きく広がるとのことです。

 

PS4の互換性

PS4との互換性について。チップセットをPS4、PS4 Proの”LEGACY MODE”に切り替える方式に。PS3のように互換性のためにコストがかかることもなくなるとの事。

またPS4でプレイ時間の長い上位100タイトルで互換性を調査した所、ほぼ全てのタイトルがPS5上でスムーズに動作出来るであろうことが確認出来ているようです。

ととねこ
互換性は非常に大事だよね。PS4の積みゲー資産をそのまま持ち越せるわけだし(白目)

 

3Dポジショナルオーディオ機能

オーディオレンダリングに最適化した3Dオーディオ用カスタムエンジンを搭載し、実在感と定位感を感じられる3Dオーディオを実現しているとの事。

ととねこ
立体音響に力を入れたってことですかね(よくわかんねぇ!)
スポンサーリンク

おすすめ記事

『PS5のシステム設計や技術を解説するプレゼンテーションが公開。ロード時間の短縮やPS4下位互換など』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2020/03/20(金) 17:24:12 ID:4a93f6a93 返信

    性能良くなるのは嬉しいけども明らかに800Gの容量足りない。。
    2T位ほしいけど価格がすごいことになりそう。。

    • 名前:kuroneko8920 投稿日:2020/03/20(金) 19:20:42 ID:2d290d661 返信

      容量はすぐに一杯になりそうですよね