デイリー・ウィークリー・マンスリー任務をクリアしててるてる坊主を集めよう

いよいよ発売!「マリーのアトリエ リメイク」がどういったゲームかおさらい!

2023年7月13日リリース

スポンサーリンク

いよいよ発売!「マリーのアトリエ リメイク」がどういったゲームかおさらい!

2023年7月13日にいよいよ発売となる「マリーのアトリエ リメイク」。

本記事では「マリーのアトリエ リメイク」がどういった作品なのか、簡単におさらいしていきたいと思います。

 

『マリーのアトリエ Remake ~ザールブルグの錬金術士~』について

マリーのアトリエ Remake ~ザールブルグの錬金術士~』は、錬金術をテーマにしたRPG「アトリエ」シリーズの原点である「マリーのアトリエ」のフルリメイク版です。

オリジナル版は1997年5月23日にPS1でリリースされ、「世界を救うのはもうやめた」というキャッチコピーが話題となったり、シンプルながら奥深いシステムで男女問わず根強い人気を誇る作品となっています。

リメイク版ではグラフィックが刷新されキャラクターやステージが3Dモデルに。立ち絵やイベントスチルも刷新され、立ち絵には2Dアニメーションも実装。

オリジナル版のシンプルかつ自由度の高いプレイ感はそのままに、チュートリアルや各種仕様への誘導を拡充。更に街中の移動や採取などの仕様も改修され、より快適で遊びやすいリメイクとなっているようです。

 

世界を救うのはもうやめた

主人公は魔法学校に通う落ちこぼれの錬金術士”マリー”。彼女は先生に「街で錬金術の店を経営し、5年以内に高レベルのアイテムを作って提出する」という卒業試験を課せられます。

その課題を達成するために錬金術の調合の腕前を上げたり、冒険者を雇って採取地に素材集めにいったり、依頼をこなしてお金を稼ぎレシピや調合器具を買ったり、名声を高めたりなど色々な事に挑戦していくことになるのです。

なお与えられた5年間の中である程度のレベルのアイテムを作ればノーマルエンドとなりますが、特定の条件を満たすことで複数のエンディングに分岐します。通常のエンディング条件はかなーり緩めですし、オリジナル版には定期的に満たさなければならない課題といったものもなく自由度のある作品となっています。

ととねこ
オリジナル版にはエンディングの優先度があったけど、多分最近のシリーズ同様条件を満たしたものから選択する仕様になりそう

 

調合システム

アトリエシリーズ最大の特徴と言えば錬金術を使って材料を掛け合わせて新しいアイテムを作り出す「調合」システムになりますが、シリーズ第一作である本作は後シリーズ作品と比べてかなりシンプルなシステムとなっており、品質特性といった概念が存在しません。

品質と特性

品質や特性といった概念はシリーズ第四作目でグラムナートシリーズの「ユーディーのアトリエ ~グラムナートの錬金術士~」にて初めて導入されました。なおこの時は特性ではなく従属効果と表記されています。
グラムナートシリーズもリメイクしろ(命令)

アイテムを調合するにはアカデミーで購入したり図書館で読んだりできるレシピが必要。また調合するアイテムによって対応する調合機材があり、その有無で調合成功確率が変動したりします。

ちなみに工房の散らかり具合も調合成功率に影響

 

調合自体は非常にシンプルでパズル的な要素はなく、素材を投入して調合する個数を設定すれば完成となります。

また公式サイトを見る限り妖精さんもいるので、オリジナル版同様調合や採取を手伝ってくれそうです。金のためにコメート作らせなきゃ…

くろねこ
調合自体というよりかは、如何に効率よく進めていくかといったリソース管理の方が重要ですね

 

戦闘システム

素材を集めるための採取地では戦闘になることも。マリー1人での冒険は危険なので冒険者を雇っていきましょう。

戦闘はターン毎に行動を選んでいくオーソドックスなコマンドバトル。オートモードや戦闘速度変更などサクサク遊べる機能も搭載されているようです。

 

追加要素

リメイクにあたり、幾つかの追加要素が実装されています。

無期限モード

「5年で卒業」という期限なしで遊ぶことが出来るモードです。

期限に追われずゆったり自分のペースで遊びたい人に良さそうです。

追加イベント

キャラクターの魅力を深堀する交流イベントが追加されています。

オリジナル版では描かれなかったキャラクター達の新たな一面や魅力が楽しめるようです。

イングリド先生の課題

本作は「5年以内に高レベルのアイテムを作って提出する」という目標以外に課題がないため、攻略の道しるべとなる「イングリド先生の課題」というシステムが追加されました。

自由度が高いRPGならではの「次に何をしたらよいか」という疑問をすぐに解決できます。

フォトモード

スクリーンショットを取れるフォトモードが追加。

ポーズや表情を付けられるのは勿論の事、スタンプなどで飾ったりフィルターやフレームを変更することが出来ます。

ミニゲーム

オリジナル版にもあったミニゲームが最新ハードに合わせてリメイク。

成功すると報酬としてアイテムをゲットできます。エクストラからいつでも自由にプレイ可能。

収録ミニゲーム

①ぷにぷにハンマー大作戦
②探せ!金の鮭ゲーム 
③捕まえろ!ネズミゲーム
④目指せ!リンゴゲーム 
⑤どきどき!宝探しゲーム
⑥集めろ!時の石版睡魔ゲーム


『マリーのアトリエ Remake ~ザールブルグの錬金術士~』は2023年7月13日、PS5/PS4/Switch/Steamにて発売予定です。

ととねこ
マリーのアトリエ楽しみ〜
created by Rinker
コーエーテクモゲームス
¥2,222 (2024/07/19 05:30:57時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
コーエーテクモゲームス
¥3,232 (2024/07/18 06:32:12時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
コーエーテクモゲームス
¥4,700 (2024/07/19 05:30:58時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

おすすめ記事

『いよいよ発売!「マリーのアトリエ リメイク」がどういったゲームかおさらい!』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2023/07/11(火) 17:59:15 ID:a1ed616e2 返信

    ROG Allyでガッツリ楽しみまーす!!

    • 名前:kuroneko8920 投稿日:2023/07/11(火) 19:33:59 ID:8c402bc39 返信

      いいね!

  2. 名前:匿名 投稿日:2023/07/11(火) 22:15:02 ID:93270e9e5 返信

    あれからもう26年も経ってることに戦慄する

    • 名前:kuroneko8920 投稿日:2023/07/12(水) 01:19:36 ID:5ee847609 返信

      歴史のあるシリーズですね

  3. 名前:匿名 投稿日:2023/07/12(水) 12:33:48 ID:8ba2a18d2 返信

    越智 善彦さんの漫画版だとマリーは酔っ払いですっとこどっこいだったな

    • 名前:匿名 投稿日:2023/07/12(水) 16:02:09 ID:8bb27a598 返信

      漫画も合計13巻くらいでてますよねー
      リメイク出せるなら越智善彦先生シナリオ監修でマリーとエリーのアトリエ出して欲しいなぁw