デイリー・ウィークリー・マンスリー任務をクリアしててるてる坊主を集めよう
Amazon Prime Day(プライムデー)2024はプライム会員に向け、年一度のビッグセールです。7/16 火曜0時から7/17 水曜23時59分まで、トップブランドや中小企業から数多くのお買得商品が48時間に渡って登場します。

雑記:2024年7月の購入ゲーム検討

スポンサーリンク

雑記:2024年7月の購入ゲーム検討

2024年7月の新作ゲーム発売日表(パッケージ版)

07/04


07/10

 AADV 4,510円 公式

 AADV 4,510円 公式


07/11


07/18


07/25

 ARPG 8,778円 公式

 ARPG 8,778円 公式

 ARPG 8,778円 公式
Switch
Undying



 AADV 3,850円 公式

 ADV 3,850円 公式

 



購入予定

リードオンリーメモリーズ:ニューロダイバー

PS5/Switch『リードオンリーメモリーズ:ニューロダイバー』は、サイバーパンクアドベンチャー「2064:リードオンリーメモリーズ」の続編。

エスパーである主人公「ES88」となり、ネオ・サンフランシスコ中の潜在意識に介入し混乱をもたらしている超能力犯罪者「ゴールデン・バタフライ」の行方を追っていくストーリーが描かれます。

初回特典としてサントラが付くので購入。

 

パワフルプロ野球2024-2025

PS4/Switch『パワフルプロ野球2024-2025』は野球ゲーム「パワプロ」シリーズ最新作。

シリーズ30周年記念作品となる同作では、プロ野球選手を育成する「サクセス」「栄冠ナイン」や「パワフェス」などの定番モードもパワーアップして登場。

サクセスは50年後の“未来”を舞台にした新シナリオや、実況パワフルプロ野球2010に収録された「プロ野球12球団」編のリメイク版などを収録。

歴代最多となる400名超のレジェンドOB選手が登場するペナントリーグ、レジェンドOBらと戦いながらキャラを育成する「対決!レジェンドバトル」など「パワプロ」シリーズやプロ野球の歴史を感じられるモードも多数搭載されています。

 

その他気になるタイトル

超探偵事件簿 レインコード プラス

PS5/XboxSeries『超探偵事件簿 レインコード プラス』は2023年にSwitchでリリースされたダンガンロンパが手掛ける「超探偵事件簿 レインコード」のパワーアップ版。

記憶喪失の探偵見習い「ユーマ=ココヘッド」と彼に憑りつく「死に神ちゃん」の2人が雨が降り続く奇妙な街「カナイ区」で未解決事件に挑みます。

証言や証拠となる「解鍵」を集め、真実へと繋がる空間「謎迷宮」で謎怪人に挑むという推理アドベンチャーとアクション要素が混じったゲーム性が特徴。

このプラス版はSwitch版での全てのDLCを最初から収録し、ギャラリーモードを追加、映像強化やロード時間短縮など様々な面がパワーアップしています。

 

Nintendo World Championships ファミコン世界大会

Switch『Nintendo World Championships ファミコン世界大会』は世界中のプレイヤーとタイムアタックで競うゲーム。

「スーパーマリオブラザーズ」や「ゼルダの伝説」などファミコンの13タイトルから切り出した150以上の競技で最速タイムを目指します。

人数分のコントローラーがあれば、Switch1台で最大8人までのファミコン大会をオフラインで楽しむ事も可能。

ととねこ
安いし買ってもよいのですが、あんまりやらない未来が想像できるんだよなぁ

 

ボウと月夜の碧い花

PS5/Switch『ボウと月夜の碧い花』は日本の民話を題材にした2.5Dメトロイドヴァニア。

キツネのような見た目の主人公”ボウ”となり、古代からの謎めいた儀式で重要な役割を果たすために色鮮やかな手描きグラフィックの世界を探索します。

空中にいる時に攻撃を当てることで再びジャンプ出来るようになるなど、ジャンプと攻撃による空中アクションが特徴。

created by Rinker
マーベラス
¥2,697 (2024/07/12 18:41:18時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
マーベラス
¥2,682 (2024/07/12 18:41:19時点 Amazon調べ-詳細)

 

REYNATIS/レナティス

PS5/PS4/Switch『REYNATIS/レナティス』は現代×幻想のダークファンタジーアクションRPG。

本作の舞台はリアルの地理や店をリアルに再現した渋谷。
魔法に目覚めたことで抑圧されてきた霧積真凛と、魔法機動隊の一員として戦う西島佐理という、立場の異なる2人の主人公それぞれの視点で描かれる群像劇が楽しめるようです。

シナリオは野島一成氏、コンポーサーは下村陽子氏と豪華なスタッフも注目点といった所でしょうか。


ととねこ
これ以外にDL専売タイトルなどで増えそうですが、7月は控えめに行きたいですね
くろねこ
とりあえずエルデンリングDLCは終わったので、メガテンVVやサガエメなどの積んじゃっているゲームをクリアしていきたいなぁ

『雑記:2024年7月の購入ゲーム検討』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2024/07/01(月) 23:36:12 ID:b4057bafc 返信

    エルデンDLC終わらせたとか速いですね
    個人的にはSCHiMをずっと待ってたのでようやくって感じです

    • 名前:kuroneko8920 投稿日:2024/07/02(火) 02:09:59 ID:b8c1b4939 返信

      エルデンDLCは面白かったので一気に終わらせちゃいましたね。まだ探索ガバガバだと思うので、ちょいちょい時間を見つけてプレイしようとは思っています。

      SCHiMはストーリーもちゃんとある感じっぽいので面白そうですよね、買おうかな(積みゲー増殖ムーブ)

  2. 名前:ふく 投稿日:2024/07/02(火) 09:21:50 ID:a4ccecd89 返信

    くにつがみは購入されないんですねー
    気になってはいるんですけど

    • 名前:kuroneko8920 投稿日:2024/07/02(火) 10:23:34 ID:b8c1b4939 返信

      ここで扱っているのはパッケージ版があるもののみな感じですね。
      今の所買う予定はありませんが評判待ちですかねぇ