新作メトロイドヴァニア「ENDER MAGNOLIA」のSteam早期アクセス版発売日が3月24日に決定

正式版は半年から1年程度後で発売予定

スポンサーリンク

新作メトロイドヴァニア「ENDER MAGNOLIA」のSteam早期アクセス版発売日が3月24日に決定

「ENDER LILIES」の数十年後の世界を描く新作メトロイドヴァニア「エンダーマグノリア: ブルームインザミスト」ですが、Steamでのアーリーアクセス版配信日が2024年3月26日(火)に決定しました。

Decades after the events of ENDER LILIES, Homunculi — sorrowful, artificial life forms — roam the land. In this dark fantasy Metroidvania, face formidable enemi...

こちらは早期アクセスゲームであり、1つの街と序盤の4つのエリアまでをプレイすることが出来ます。

早期アクセスゲームとは

開発段階にあるゲームをユーザーに先行して提供する形態。
メーカー側には開発中のゲームのバグや改善点などをユーザーから募ることが出来たり、正式版リリースより前に開発費を得られるなどの利点がある。
完成品ではないので最後まで遊べなかったり不具合などがある可能性もあるが、完成版よりも安い値段で購入出来たりする(ENDER MAGNOLIAも正式版発売時には多少の値上げを予定しているとのことです)

フルバージョンや他機種版はいつ頃発売に?

早期アクセスの期間は半年から1年程度を想定しているとの事です

本作はSteam以外にSwitch・PS5/PS4・Xbox版もリリースが予定されているのですが、参考までに前作「ENDER LILIES」の情報を振り返ってみると、早期アクセス開始から約5か月後にフルバージョンとしてSteam版・Switch版が販売開始。PS・Xbox版はそこから少し遅れてのリリースとなっていました。

なので今作のコンシューマ版も早期アクセス終了と同時か少し遅れてリリースされるといった感じになるかもしれないですね。



「ENDER MAGNOLIA」とはどんな作品?

ENDER MAGNOLIA』は滅びゆく「煙の国」を旅して、人とホムンクルスの救済を目指すダークファンタジーの探索型2D横スクロールアクションRPG。

魔法と機械文明が発展して上に積み上がり階層化したこの魔法大国には捨てられた旧市街、血塗られた研究所、荘厳な魔術学院、巨大工場など独特かつ美しくも残酷な世界が広がっています。

 

ホムンクルスを救済する力を持つ調律師である主人公「ライラック」は地下の実験場でこの国の悲劇に大きく関わる一人の「ホムンクルス」と出会い、契りを結んだホムンクルスと共に広大な煙の国での旅を始めることに。

 

本作の音楽は前作「ENDER LILIES」に引き続き、音楽集団「Mili」が全楽曲を担当。今作でも世界観にあった幻想的な楽曲が楽しめそうですね。

ゲームの特徴
  • 前作『ENDER LILIES』を超える探索の遊びと深みを増したバトルシステム
  • 30種のユニークな性能を持った仲間たち
  • 装備、レリック、アイテムなど収集・成長要素は前作の倍以上にボリュームアップ
  • 難易度選択を導入。前作同様の高難易度に挑みたいユーザーだけでなく、ストーリーを楽しみたいユーザーも安心して楽しめる設計に
  • 美しい2Dアートとアニメーション、サウンドで描かれた幻想的な世界
  • 儚く美しい回想ムービー、より豊かになった仲間キャラクターたちとの会話システム
created by Rinker
インティ・クリエイツ
¥4,318 (2024/04/16 16:57:10時点 Amazon調べ-詳細)

『新作メトロイドヴァニア「ENDER MAGNOLIA」のSteam早期アクセス版発売日が3月24日に決定』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2024/02/28(水) 20:31:27 ID:d664d770a 返信

    スイッチ版はよ!
    メトロイドヴァニアは携帯モードでやりたいんじゃあ~
    steamdeck高くて買えない民なので…

    • 名前:kuroneko8920 投稿日:2024/02/28(水) 22:43:47 ID:5baa3997c 返信

      発売は正式版がくる半年から一年後位になりそうですね