(06/03更新) 『今週の1本「ドラゴンボールZ KAKAROT」』などを追加
購入作品をしっかり検討して無暗に積みゲーを増やさないようにしましょう(棒)
(6/6更新) 『【Steam】The Uncertain: Last Quiet Day』などを追加

ととねこのゲーム紹介所・第16回 Switch『アンリアルライフ』【レビュー・感想】

じゃあ、お話の続きはまた明日ね。

スポンサーリンク

ととねこのゲーム紹介所・第16回 Switch『アンリアルライフ』

私がこれまでにプレイしてきたゲームを紹介・レビューする「ととねこのゲーム紹介所」、第16回目はADV『アンリアルライフ』を取り上げます。

 

アンリアルライフ

メーカー
room6
ジャンル
アドベンチャー / パズル
ハード
NSW
発売日
2020/5/14
『じゃあ、お話の続きをはじめよっか。』
  • 個人ゲーム開発者のhako 生活氏が手掛ける、謎解きアドベンチャー
  • 同氏が立ち上げたインディーゲームレーベル「ヨカゼ」の第一弾ソフト
  • Switch版は他機種に先駆けての先行販売。今後PC(Steam),Android/iOS版も発売予定

 

概要

本作の主人公は記憶喪失の少女”ハル“。彼女が喋ることが出来るAI信号機195“に助けられた所から物語が始まります。

ハルには触れたモノが持つ記憶を読み取る力(サイコメトリー)があり、この能力を使いながら微かに記憶に残っている”先生“を見つけるため、195と共に不思議な世界を冒険することに。

ハルはモノが持つ記憶(過去の映像)を読み取ることが出来る。

 

今と過去を見比べて様々な謎を解き明かそう

 

ハルの拠点となる旅の宿「くじら」。そこに住むキャラクターたちがまた魅力的

 
先に進むためにギミックを解くといったパズル要素も随所に登場。サイコメトリー能力で読み取った映像をヒントにギミックの解き方を推測したり、入手したアイテムを活用して突破しよう。

謎解きは程よい難易度でサクサク進められます

 

過去ログは195が保存しておりいつでも読み返すことが可能。早いスピードで大量に流れたテキストもしっかり記録してくれる。
それとは別にハルちゃん主観で出来事を振り返ることも出来る。

 
寄り道要素や小ネタも散りばめられているので、探索の手を休めて各地を回ってみるのも面白いですね。 

妙に凝っていて楽しいゲーム内ゲーム「VOLTA」。ゲームを進めると2P対戦も解禁される

関係ないタイミングで使用したアイテムに対して反応を示してくれることも。




魅力的な登場人物たち

主人公のハル。コロコロ変わる表情が可愛い。

 

ハルの旅をサポートしてくれる相棒、195。息の合った掛け合いが楽しい

ハルにVOLDA(ゲーム内で遊べる対戦ゲーム)で勝てず、ムキになってリベンジを挑む高性能AIの図

 

カフェを切り盛りするマリモのマリーさん。美味しい手料理を振舞ってくれたりアドバイスをくれる、やさしいお姉さんです。

マリさんの料理めっちゃ美味そう

 

天才ネズミ、シュタイン。自室を勝手に改造するのはやめてね

 

格好いい車掌ペンギン、カセリ

彼ら以外にも魅力的なキャラクターが登場します。どういったキャラかは自分の目で確かめて欲しい!(購入誘導)

 

考察(登場人物の元ネタ?クリックで表示 ※ネタバレ注意)

 

幻想的な世界を彩る演出

ダークブルーを基調としたカラーリング、ドット絵で描かれた世界観も本作の魅力。

やたらとスクショを撮りたくなる。

ととねこ
随所に流れるBGMやSEも凄く良い!
くろねこ
SwitchのHD振動も場所によって変化するのが凄く良いですね。

エレベーターから眺める夜の海

 

強調したい文章やセリフの色が変わる演出も良い

 

オプションで視覚サポート機能も設定可能。色に対するこだわりを感じる

 

ソーシャルディスタンスなんてなかった

 

気になる点

  • 一部ギミックなどでの移動速度が少し遅い
  • そこまで気にはならないです。あえて気になる点を言うならこれくらいですかね

 

まとめ

こんな人にオススメ
  • 幻想的な世界観が気になった
  • 人語を話す非人間が好き

ストーリーに関してはあまり語るとネタバレとなるので控えますが、伏線の貼り方やストーリー展開の描き方がとても丁寧です。
ストーリーモノなので好みはあると思いますが、私個人としては非常に楽しめました。

また、公式ページに、アンリアルライフの制作にあたって影響を受けた作品がリストとして公開されています。本作を楽しめるかどうかを見極めるためにチェックしてみるのも良いかと思います。

くろねこ
作者様との好みが一致していたりPVを見て雰囲気が気に入ったなら購入して、ハルと195の旅の行く末を見届けて欲しい!
ととねこ
ハルちゃんと先生から百合の香りが…(百合豚)

スポンサーリンク

おすすめ記事

『ととねこのゲーム紹介所・第16回 Switch『アンリアルライフ』【レビュー・感想】』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2020/05/16(土) 15:29:49 ID:9cb8835fc 返信

    雰囲気が良さそうで興味出てきました。
    なら次はどのプラットフォームにするかって考えるのですが
    >Switch版は他機種に先駆けての先行販売。今後PC(Steam),Android/iOS版も発売予定
    PS4だけスルーされるパターンが増えた気がします。

    • 名前:kuroneko8920 投稿日:2020/05/16(土) 16:23:05 ID:b9cfdff3c 返信

      PS4版の予定はないみたいですねぇ

  2. 名前:匿名 投稿日:2020/05/18(月) 10:12:15 ID:2e4a2cb1b 返信

    インディーゲームはほとんどがSwitch発売だし、
    PS4はえっち画像の規制も増えたし、
    やっぱSwitch買おうかな…

    おや、どこにも売ってないぞ?

    • 名前:kuroneko8920 投稿日:2020/05/18(月) 11:50:33 ID:8fbb4e31d 返信

      今品薄で買えないですからねぇ…

  3. 名前:Baofu 投稿日:2020/05/21(木) 03:02:16 ID:6f916bd06 返信

    こちらをキッカケにアンリアルライフを手に取ってみました。
    すごく好みのタイプで良かったです。
    特に一つ一つの効果音が心地よく、ひたすら海老を撒きつつ旅を楽しみました。
    これは2作目以降も楽しみですね。

    • 名前:kuroneko8920 投稿日:2020/05/21(木) 07:16:47 ID:a1f795cf0 返信

      布教に成功ということで紹介記事を書いた甲斐がありました、やったぜ。

      フタを開ける音と海老が飛び出る際のポヨンみたいな音が絶妙ですよね。
      プレイした人の大半は海老をまき散らしているはず!