艦これ2020梅雨&夏イベ「侵攻阻止!島嶼防衛強化作戦」攻略まとめ
艦これ・2020梅雨&夏の期間限定イベント海域「侵攻阻止!島嶼防衛強化作戦」に関する攻略情報をまとめたページです。

ととねこのゲーム紹介所・第18回 PS4/Switch/XB1『Bug Fables ~ムシたちとえいえんの若木~』【レビュー・感想】

ヘビのあぎと隊は…いいぞ

スポンサーリンク

ととねこのゲーム紹介所・第18回 PS4/Switch/XB1『Bug Fables ~ムシたちとえいえんの若木~』

私がこれまでにプレイしてきたゲームを紹介・レビューする「ととねこのゲーム紹介所」、第18回目はRPG『Bug Fables ~ムシたちとえいえんの若木~』を取り上げます。

 

Bug Fables ~ムシたちとえいえんの若木~

メーカー
Moonsprout Games
ジャンル
RPG
ハード
PS4NSWXB1
発売日
2020/5/28
内容の説明『Bug Fables ~ムシたちとえいえんの若木~』は、ムシだらけの大陸「バグアリア」をめぐるアドベンチャーRPG! リーフ、カブ、ヴィーという勇気ある冒険者たちが、不老不死の力をもたらす幻のお宝「えいえんの若木」を求めて冒険に挑む! それぞれのキャラクターが持つ固有のスキルを駆使してカラフルなステージを攻...
  • 「ペーパーマリオRPG」リスペクトなRPG
  • PC向けにリリースされていたが、先日国内コンシューマー向けにも発売された

 

概要

ストーリー

本作の舞台はムシだらけの大陸「バグアリア」。
バグアリアにある王国の1つ「アリの王国」を治める女王が、その葉を1枚食べるだけで不老不死の力を得ることが出来る幻のお宝「えいえんの若木」を探し求めています。それを手に入れた者には女王から莫大な褒美が与えらえるため、世界中の冒険者がお宝を求めて集結しているのです。

プレイヤーはそんな冒険者であるカブトムシのカブ、ミツバチのヴィー、ガのリーフの3匹を操作して、バグアリアの各地を冒険することになります。

フィールドアクション

3匹にはフィールドで使える固有の能力があり、カブのツノでブロックを押したり、ヴィーのヴィーメラン(ブーメラン)で遠くのスイッチを起動させたりなど、パズル要素のあるギミックを解除しながら進んでいきます。

戦闘システム

フィールド上の敵に接触するとバトルがスタート。
戦闘はオーソドックスなターン制となっていますが、攻撃に合わせてタイミングよくボタンを押したり、指定されたボタンを入力したり、敵の攻撃に合わせてボタンを押すことで与ダメ増加・被ダメ減少効果が発動するといった適度なアクション性が盛り込まれています。(これに関してはまんまペーマーマリオRPGですね)

装備することで様々な効果が発生するメダル(ペーパーマリオRPGにおけるバッジ)の組み合わせや、ターンを他の仲間に譲るといった独自要素によって、シンプルながら戦略性の高い戦闘システムに仕上がっています。

 

キャラの魅力を引き出す豊富な仲間内会話とテキスト量

本作を推す上で一番に紹介したいのは、魅力的なキャラクター達でしょう。彼らの魅力はキャラクター性や設定によるものもありますが、なんといってもそれらを表現する豊富なテキスト・情報量にあります。

例えば本家「ペーパーマリオ」シリーズにあったものしり(マリオストーリーのクリオ、ペーパーマリオRPGのクリスチーヌなどが使えたフィールドやNPC、敵に対する説明を聞ける特技)と同じようなものが本作にもあるのですが、この作り込みが凄いです。

フィールドで調べるコマンドを実行すると、その場にある建物や雰囲気に関する三人組の会話が聞けます。これだけでもかなりの量になるのですが、NPCに近づいた状態で調べるとそのNPCについての会話が発生します。複数人のNPCに対して1つの会話という場合もありますが、原則として1NPCに対して1仲間会話が用意されているのです。

名もなき一兵士に対する仲間内会話。他愛のない話や考えさせられるモノなど、こういった掛け合いが全NPC、エリアに対して用意されている。

 

カブは騎士道精神溢れる真面目なカブトムシ。武骨な戦士といった雰囲気だが、自分の発言に照れてしまったり、子供っぽい部分もあってとにかく可愛い。

 

ヴィーはミツバチ唯一の冒険者。直情的であったり報酬にうるさいお調子者だが、時折見せる素直さが魅力的。怒ったり困った時のしぐさがクッソ可愛い

 

リーフは後に彼らのチーム名になる洞窟「ヘビのあぎと」で出会う謎多きガ。辛辣なツッコミや皮肉を挟んでくるクールなキャラだが、独特の美的センスの持ち主など意外な一面も多い

 

ストーリーを補完するサブクエストも豊富。NPCもかなり個性的

 
戦闘におけるかんさつでもその敵に対してのコメントが聞けるのですが、3匹全員が”かんさつ”を使えるので、1体の敵に対して3パターンのコメントが用意されています。

ととねこ
仲間同士の掛け合いが多いからすごく楽しい
くろねこ
キャラクターがストーリーに動かされている感がなく、のびのびとしていて個性的に描けているんだよなぁ。
ととねこ
3匹のバランスが凄く良いんだよね。全員推せる

 

調べた情報は収集要素にもなっている。

 
ストーリーは王道的。主人公たちは他の仲間に言えない秘密や闇を抱えているけど、冒険を通して成長・克服していく姿が描かれていています。ユーモアあふれる話やシリアスなもの、グッとくる展開があったりなど、個人的にはかなり良かったです。

 

色々気になる設定が隠されているので、考察するのが好きな人にもオススメ




絶妙なバトルバランス(ハードモード)

これまでにRPGをある程度プレイしていてRPGというジャンルに慣れている場合は、ゲーム冒頭に貰えるハードモードメダルを付けて、ハードモードでのプレイをオススメします。

ハードモードは装備するメダルや戦術を工夫しないと簡単には勝たせてくれない、絶妙なバランスとなっています。(上位の回復アイテムを用意しまくれば流石に簡単になりますが…)

ととねこ
私は難易度を上げる「ハードモードメダル」「ハードヒットメダル」を付けてプレイしましたが、非常にやりごたえがあって面白かったです。

 

気になる点

  • ひらがな多めのテキスト
  • 雰囲気作りのためかひらがなによる表記が多いので、たまにぱっと見で飲み込みにくい場合があります。ちなみに翻訳は精度が高く違和感はないです

  • 序盤の戦闘
  • 序盤は手持ちのメダルが少なくスキルも少ないため、戦略的な幅が少なくて若干単調かも

 

まとめ

こんな人にオススメ
  • RPGが好きな人
  • PRGでテキストを読むのが好きな人
  • 「ペーパーマリオ」シリーズが好きな人

紹介の大半を「キャラクターが魅力的である」という事に費やしているので、何かキャラゲーっぽい紹介になってしまった気もしますが、ゲームとしての全体的な完成度も非常に高いです。

単に「ペーパーマリオ」シリーズを模倣しただけではなく、独自の要素や仕様も色々あったり妥協のない作り込みにより、本作ならではの面白さがしっかり構築されています。
これぞリスペクトといった感じでしょうか。

ととねこ
RPGが好きなら是非ともプレイして欲しい良作ですね。
スポンサーリンク

おすすめ記事

『ととねこのゲーム紹介所・第18回 PS4/Switch/XB1『Bug Fables ~ムシたちとえいえんの若木~』【レビュー・感想】』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2020/06/16(火) 00:49:35 ID:931d30206 返信

    ととねこさん、こういうゲームどうやって見つけてるんですか?
    とても助かります
    (スラゴーはクソゲーでした)

    • 名前:kuroneko8920 投稿日:2020/06/16(火) 01:10:37 ID:523a7fe83 返信

      とにかく突撃あるのみさ!(Bug FablesはSteam版がクッソ評価高いという事前情報がありました)
      スラゴーはク〇ゲーとした上で薦めているので問題なし!

  2. 名前:匿名 投稿日:2020/06/16(火) 01:56:22 ID:d0d495253 返信

    ヴィーちゃんかわええ

    • 名前:kuroneko8920 投稿日:2020/06/16(火) 07:35:13 ID:523a7fe83 返信

      可愛い!

  3. 名前:匿名 投稿日:2020/06/17(水) 17:11:17 ID:a7d7c5bc5 返信

    戦闘結構歯応えありますよねー
    何個か厳しいとこあったから女王のディナー15個持ってリターンマッチや!

    • 名前:kuroneko8920 投稿日:2020/06/17(水) 17:37:21 ID:6616f487f 返信

      ギリギリな戦闘結構ありますよね、見事なバランス調整です。
      女王のディナー量産すればおそらく勝てるでしょう!